「相続」「遺言」「任意後見」許認可等の各種手続きまでトータルサポート

 · 

オンライン診療など

オンライン診療など

新型ウイルスの影響もあり、オンライン診療などがニュースでも取り上げられており、利用を検討される医療機関も多いかと思います。

 

その反面、「オンライン診療」を他のルールと混同して認識してしまっているケースが少なくないかと思います。

 

ごく簡単にまとめると下記のとおりです。(2020.5.8時点)

 

このあたりは、臨時的なものであり、短いスパンで厚労省から事務連絡などが出ていますので注意が必要です。ですので、下記の表などは参考程度にとどめておいてください。

 

  オンライン診療

電話等情報通信機器を用いた診療

(コロナ時)

電話等(平時)

初診対応 × ×

処方日数制限 

特になし 原則初診時7日分 処方不可

処方薬制限

対象患者に制限あり

初診時麻薬・向精神薬不可

(睡眠薬、抗不安薬、抗うつ薬、抗精神病薬不可)

処方不可
通信料の徴収
予約料の徴収 × × ×
 医師の研修 × ×
医師の同一性 × ×
施設基準の届出 × ×

 

いま厚労省から緊急時の特例として事務連絡などが出ているのは、真ん中の「電話等情報通信機器を用いた診療」(以下電話等)についてです。

 

この臨時的なルールは、すでにオンライン診療を利用している医療機関の3か月に一度の対面診療を電話やオンラインにて対応可、表の右側の電話等を、初診時でも利用可、処方も可としています。(令和2年4月10日事務連絡参照)

 

なお、電話等は、電話だけでなく、skypeやzoomなどのアプリ、あるいはCuronやclinicsなどのソフトを利用して実施できます。

 

そのため、それらを一緒にしてオンライン診療と呼んでしまうわけですが、いずれのルールの、なにが臨時的に緩和されているのか把握が必要です。

 

また、実際の上記表の一番左の「オンライン診療」は、様々なルールがあり一筋縄ではいきません。

 

そのルールは、保険診療の書籍をご覧いただくとしても、3か月以上通院継続中であること、3回に1回は通院する必要があること、また、利用できる(保険診療として算定できる)対象患者に制限があり、オンライン診療の療養計画にはない疾患(例えば風邪の治療)では利用不可などとなっています。

 

(上記表の、医師の同一性とは、オンライン診療時と通院診療時の医師が同じであることです。)

 

ほかにもいろいろ論点はありますが、オンライン診療は患者さんには利便性が高いものですが、医療機関にはメリットばかりとは言えないかもしれません。

 

そのため、医療機関の診療スタイルやそれらのルールを把握した上で導入の可否を判断しないと、コストや事務負担だけが増す結果になりかねません。

 

対応エリア

神奈川県横浜市、川崎市等を中心に関東全域に対応しています。

その他エリアも必要に応じて対応いたします。

ご相談の流れ

一般的なご相談の流れは以下のようになります。

1.お問い合わせ・相談予約

2.ご相談

3.ご依頼・受任

4.業務開始