「相続」「遺言」「任意後見」許認可等の各種手続きまでトータルサポート

ブログ

2019年

2月

20日

VR認知症

先日、VR(バーチャルリアリティ)認知症の研修を受けてきました。

 

認知症の方からヒアリングしたことをもとに作成されているそうです。

 

今まで、テキストや他の研修で、認知症の各症状について、文字として知ってはいましたが、実際、VRで見た時、認知機能の低下とは何か、幻視とはなにかがどういったものなのかが一部ではありますが、わかりました。

 

正直、カルチャーショックといいますか、様々な企業や学校でも研修されているようですが、書籍を何十冊読むより1度VRを体験したほうがよほど勉強になると感じます。

 

空間認識能力がなくなること、自分の居場所が分からなくなること、ないはずのものが見えることなど、VRを通じてよりリアルに、360度の体験でき(はたから見ていると、だいぶおかしな絵面になりますけどね)、非常に勉強になりました。

 

2018年

8月

12日

何に集中すべきか

医療機関にとって集患というのは、医師が的確な診察を行うのであれば、それほど難しいこととは考えていません。

 

医療機関に1度も掛かったことがない方を除けば、診療科目を掲げ、さらにホームページにも具体的な内容を記載できれば、何を行う医療機関かは利用者にはおおよそわかります。

 

特に、開業時において、院長が何にお金や時間を使うべきか、これを誤ると集患に時間を要することになります。

 

開業時は、決めなければならないコト、購入しなければならないモノ、採用しなければならないヒトなど、決定事項が多く煩雑を極めます。

 

内装業者との打合せ、役所への届出、ホームページ作成、開業が近づけば、具体的に患者がやってきたときの動線の確認(診察券やカルテの移動をどうするかなど)、その他の確認作業も必要で、どれも1~2日で片付くものではありません。

 

それらのことを院長先生が行えるのか・・・そこで考えなければならないのが、院長先生は、何に力を集中すべきか、です。

 

医療機関は患者の評価を受けてこそ成り立つものです。

 

通行人やホームページから見たときどのように見えるのか、そもそもネットで検索されるのか、患者が来院したとき、問診票の文言は適切か、バインダーやカルテファイルの準備はできているか、体温計は、他に足りないものはなど、視点は極力患者寄りに検討したほうがいい。ただし、なんでも業者任せ、専門家任せにすればいいというわけではありません。

 

特に、役所関係の手続きは面倒で、保健所、厚生局、支払基金・連合会、区役所、消防署等

届け出なければならない事項や、準備しなければいけない書面は雑多であり、ここで労力を費やすと、先ほどの患者の動線の確認がおろそかになり、その分、収益の確保が遅れることになりかねません。

 

ただ、役所への適切な届出を行い、役所の監督を受けることで医療機関は安定的に医療の提供を行うことができ、患者も安心して医療が受けられることは確かだと思います。

 

ですので、外注できるものは外注し、外注にかかった費用は売上でカバーするという発想が非常に重要かと考えます。

 

これは、開業に限らず、日常業務や毎年の定期報告(医療法人など)などでもいえることかと思います。

 

医師には医療に集中していただく。そうすることで、患者ひいては地域医療に貢献いただけるのではないか。また、当事務所では・・・

 

若干、宣伝臭がしてきたのでこの辺で。

 

2018年

8月

12日

任意後見など

後見人などの代理人は普段どんなことをしているのか。

 

よく言われる、財産管理や各種手続き(契約や役所での手続き)などがありますが、

この各種手続きには様々なものがあります。

 

任意後見契約では、代理権の範囲(代理人に何をお願いするか)によりますが、

ご本人のやりたいことをサポートするお手伝いも日々行います。

 

たとえば、引越し準備のお手伝いもそうですが、何を処分するか、何を残すか。

これはご本人にとっても非常に悩ましい問題です。

 

引越し先が同じサイズであれば、そのまま持っていくことも可能でしょうが、

サイズダウンする場合は、取捨選択が必要です。

 

埃の舞う部屋で、色々な思い出たちと思い出話に花を咲かせてみたり、引越し業者やクリーニング業者を手配したり立ち会ったり。

 

ご本人が立ち会えない場合は、こちらで対応させていただくこともあり、後見人(代理人)

が行っている仕事は、なかなか表には見えずらいものです。

 

別に愚痴っているわけではありませんが、たまには自分で自分を褒めるときがあってもいいのではないかと。なにかおいしいものでも食べればいいのではないかと。

 

ご本人や親族の方からそのことに気づいていただき、感謝やねぎらいの言葉を頂けると有難いです。

 

みんなで、感謝の輪を広げていけるといいなと、そう思うこの頃です。

(疲れてるのかな?)

 

 

2018年

2月

28日

新手の

独居のご高齢者を狙う手口は様々ですが、オレオレ詐欺のほか、最近増えてきているようなのが、洋服や靴などの不用品を無料で回収するというものです。

 

これは、リサイクル業者を装い、洋服などの不用品をタダで回収すると言って自宅に上がり、その他にいらない、あるいは使わない貴金属などはないかと確認をしてくるようです。

 

洋服や靴の無料回収はとっかかりにすぎず、お目当ては金目のものということですね。

 

ご注意ください。

2015年

9月

13日

マイナンバー制度その2

先日、簡単にご紹介したマイナンバー制度ですが、


通知カードは住民票住所に書留で届くとのことですが、この「住民票住所に書留で」というのが少し厄介なのです。


ご本人が被後見人(被保佐人・被補助人含む)で、独居ですと通知カードを処分・紛失のおそれがあります。


かといって後見人の元に転送手続ができるかというと、書留なので転送されません。


また、ご本人が一時的に入院や施設に入所されていても同様です。


入院や一時入所の場合、「居所登録制度」を利用してそちらに送付してもらうことができるようですが、一時的な施設に重要書類を送付させるのは管理の関係上問題があり、ご本人も書留に応じさせるという点にも問題がありそうです。


独居の場合や一時的な施設入所の場合でも後見人に転送不可であれば、居所登録制度を利用しつつ送付先を自治体にして(こちらはどうもできるようです)、後見人が自治体に出向いて受け取る、という段取りでしばらくは対応することがベターのように感じます。


どのみち面倒ではありますが・・・



2014年

7月

19日

まにまに

本日は、相談会でした。

 

雲行きがあやしかったですが、相談会中は雨も降らなかったようでよかったです。

(相談に来られる方は大変ですからね)

 

1時間半の相談会でしたが、間髪入れずにという感じでしたので、ずっとしゃべりっぱなしでした。

 

表層に目が行きがちですが、極力、潜在的だけど根本的な問題をご指摘できればと思っています。

 

ただ、関係者同士の感情(人情の機微)の問題が残るだけというのが往々にしてあって、そこはなかなかアドバイスが難しいところがあります。

 

当然ですが要勉強ですね。

 

 

2014年

7月

09日

気づいたら

本日は雨。

 

それもいいです。

 

午前中から3件処理して、午後も外出。時間内にまわれるかどうか。

 

最近は忙しく、痩せた?という言葉を頻繁に聞きます。

 

たしかに痩せたな~と自覚。

 

でも、結構健康ですよ。

 

 

2014年

6月

13日

かたつむり

梅雨ですね。

 
最近は、手書きの書類を多く作成してます。
 
すごく気を使うのですが、少しでも気を抜くとやられます。
 
もっと効率化できそうなので、要工夫です。
 
 
本日は午後から委員会。
 
こちらもチェック作業中心でしたので、気を抜くと・・・
 
半分意識が飛んでいたような。

2014年

5月

28日

海辺の~

本日は、午後に委員会でした。

 

諸々の作業を終え、しばし放心。

 

先週の親知らずの抜歯の疲れが残っているのでしょうか。

 

2本ともスポンっと抜ける予定で行ったのですが、結局2時間かかりました。(ぐったり)

なかなかの手術ですね。

 

歯の有難さを噛みしめつつ

 

今は、書類の文案に苦戦中。

 

2014年

5月

21日

いつでも微笑みを

午前中はかなりの雨、午後からご本人を訪問。

 

数日来、曲がヘビーローテーションで頭を巡っていますが、帰りのバスに乗車中、傘を忘れたことに気づき、戻るかどうか逡巡。

 

もらいものの傘で、作りもめずらしいものなので、とんぼ返りの往復。

倍疲れました。

 

 

今日はフットサルの日ようですが、天候は悪く予定はなくなったようで。

 

 

 

いつも大体3~4行ほどのブログ・・・

 

 

2014年

5月

19日

日常業務など

今日は被後見人の方を訪問。

 

歩くと汗ばむ季節になっています。(半袖にはまだ早いか)

 

書類に記入などして、夜は役員会です。

 

話し合うことが多そうなので、時間内に終わるのか・・・

 

 

2014年

5月

18日

休日など

本日は、休日ですが朝一で相談者さんの元へ打合せ。

 

朝起きて、途中まですっかり休日モードでした。危ない。

 

非常にいい天気で、散歩・買い物日和ですが、午後は特に出かける予定もないので、資料や書籍を読み漁ろうと思います。

 

今月は、会議や打ち合わせの多い月です。

 

 

2014年

4月

28日

G・W

一般的には、今日明日あたりからゴールデンウィークでしょうか。

 

私としては暦通り営業しております。祝日などもご相談いただければ対応します。

 

ようやくフットサルの筋肉痛がとれた、天気のいい穏やかな午後。

 

書類など読み込むにはちょうどいいかもしれません。

 

 

2014年

4月

24日

フット

昨日は数カ月ぶりに、フットサルをしました。

 

コートが外にあるので、天候に左右されます。

 

ゆるく、のつもりが結構疲れました。運動不足です。

 

今朝起きたら変なところが痛いです。

 

歩くたびにモモが・・・

 

毎度恒例です。

2014年

4月

15日

日常業務など

本日は暖かく移動日和。

 

午前中は関係各所の連絡に思いのほか時間を取られつつ、役所へ移動。

こちらは1時間ほど待ちました。最長かもしれません。

初めてする手続きで、1つまた勉強になりました。

 

その後いったん戻り、金融機関へ。

再度事務所に戻り書類関係の整理。

 

天気がいいので、ゆっくり移動したいのですが、

これから夕方に委員の当番です。

 

 

 

 

2014年

4月

08日

広報月間

今月は、当職の所属団体の広報月間ということで、昨日はその会議でした。

 

本日は金融機関を午前と午後に回って、その合間に関係各所に広報についてのご連絡。

 

来月は区役所で相談会を行うので、特にその旨のアピールをしてまいります。

 

今週は天気もいいようで、広報日和です。

 

 

2014年

3月

26日

日常業務など

本日午前中はひたすら書類作成・チェックでした。

 

雨が降る前にと思い、出先の郵便局へ書類提出。

 

一度戻り、書類をチェックし再度別の郵便局へ。

 

その後はお手伝いさせていただいてる方を訪問し、再度別の書類を揃え、ポストへ投函。

 

ほとんどが後見業務関係の郵便物で、時々ある、移動と郵便物が多い日でした。

 

 

2014年

3月

25日

春の季節

先ほど区役所へ手続きに行ったのですが、いつもは空いている他の窓口が混み合っていました。

見ていると引っ越し関係の手続きをされている方々が多いようです。

3月はそういう時期ですね。

各部署の担当者も異動したりしているようです。

 

2014年

3月

24日

研修

本日は、書類の文言を修正しているうちに、午後は成年後見研修へ。

研修の当番をしつつ、受講生としても参加しておりました。

 

今回は外部講師をお招きして、高齢者の終の住いについて、

をテーマにお話しいただきました。

 

高齢者向けの住いは非常に細分化しており、わかりにくい部分が多いのですが、

非常に興味深く、また新たな発見がありました。

 

実務ではわからないことに突き当たることが度々あり、他の先生方のお話は大変参考になっております。

 

2014年

3月

19日

はしご

午前中は方々にお電話。午後は、日本大通りで委員会と横浜で役員会のはしごでした。

その後はそのまま中華へ。
 
明日は午前中に遺言セミナーがあります。
はじめて利用する会場ですが、25名ぐらい来られるようでなかなか盛況です。
場所によって来場者数がかなり違うようです。
 

2014年

3月

17日

日常業務など

本日は、お手伝いさせていただいてる方が入所されている施設訪問。

ウイルスが流行っている時期は訪問を少し控えますが、以前よりふっくらされたご様子で安心しました。

気候も暖かくなってきて、寒がりとしては日中は移動しやすくなりました。

 

2014年

3月

15日

郵便切手など

2014年4月1日から郵便料金が変わります。

ハガキですと52円に、普通郵便も82円~と値段が上がります。

交通機関も値段が上がるようなので、パスモなどを利用していると気づきにくいです。

 

対応エリア

神奈川県横浜市、川崎市等を中心に関東全域に対応しています。

その他エリアも必要に応じて対応いたします。

ご相談の流れ

一般的なご相談の流れは以下のようになります。

1.お問い合わせ・相談予約

2.ご相談

3.ご依頼・受任

4.業務開始